目的ローンは借りる目的が限定されている借入

金融機関からお金を借りる場合、借りる目的によっては低金利で借りることができる目的ローンが利用できるケースがあります。具体的にどんな目的なら低金利で借りられるかというと、住宅の購入に利用できる住宅ローン、自動車やバイクの購入に利用できる自動車ローン、自宅のリフォームに使えるリフォームローン、大学進学のための教育ローン、その他にもブライダルローンとか医療ローンなど金融機関ごとに多種多様な目的ローンがラインナップされています。

目的ローンの特徴としては、金利がフリーローンよりも低めに設定されているという点と、まとまった金額で借りやすいという点があります。ただし、少し多めに借りて生活費の足しにするというのはNGで、必要な金額ピッタリしか借りることができませんし、借りたお金が自分の手元を介して支払先にわたるのではなく、請求書などを提出すると、金融機関から直接支払先へお金が渡る仕組みとなっています。

フリーローンは目的自由、だけど金利は高め

一方、フリーローンはどのような目的でも借りることができるローンです。目的を聞かれることはありませんし、欲しいバッグがあるから買いたいとか、生活費がピンチだから不足分を補いたいとか、彼女とのデート代にする、というのもOKです。しかし、どんな目的でもOKな反面、金利は割高という点が特徴ですね。また、借りられる金額は目的ローンと比べると少額なのもフリーローンの特徴と言えます。