専業主婦がお金を借りられる配偶者貸付

配偶者貸付という借り方はご存知ですか?これは、専業主婦がまとまった金額を借りたい時に利用することができるシステムの一つで、自分自身は専業主婦で安定した収入はないけれど配偶者にはあるという場合に有効です。

専業主婦が配偶者に内緒でお金を借りようとすると、それが銀行でも消費者金融でも、収入がゼロの専業主婦にお金を貸してくれる金融機関はほとんどないでしょう。しかし配偶者貸付の制度を利用すれば、専業主婦でもそれなりにまとまった金額を借りることができるようになります。

お金を借りるのにどんな書類が必要なの?

配偶者貸付を利用する場合、収入証明は配偶者の収入に基づいて借入限度額が計算されるため、配偶者の源泉徴収票などを提出することになります。また、本当に自分がその配偶者と法律的な婚姻関係にあることを証明するため、住民票とか戸籍謄本なども提出しなければいけないことがあるので、あらかじめ準備しておきましょう。

また、配偶者貸付では、専業主婦の一存で借りられるというわけではなく、収入のある配偶者が納得した上で成立しなければいけません。そのため、配偶者の同意書も必要になりますね。

もしも配偶者に内緒でお金を借りたいという場合には、残念ながら配偶者貸付の制度は使うことができません。配偶者に成りすまして同意書を記入してしまうと、それは私文書偽造という犯罪になるので、絶対にやめてくださいね。後から後悔してもしきれない状況になってしまう可能性があります。